記事の詳細

矢口敏和が最近始めたパルクールを知っているでしょうか。海外では主流のスポーツとなっていて、身体を極限まで活かしたスポーツとなっています。矢口敏和もハマっていて、最近色々と練習しているようです。実際、身体を使ってプレイすることが必要となるので、肉体的にも精神的にも鍛えないと厳しいスポーツですね。誰もが始められるけれど、誰もが練習必須のスポーツです。

そもそもパルクールがどのようなものかというと、比較的新しいスポーツで、ビルからビルの上を飛び移ったり、建物の隙間や段差を活かして飛び回ったりするものです。脅威の身体能力がないと出来ない代物で、もちろん矢口敏和のように肉体を鍛えて、たくさん練習しなければ到底できないスポーツです。身体を鍛えることによって、さらに道が開けていくスポーツなので、矢口敏和も今は練習に没頭しています。身体を鍛えることはもちろん、怪我をしない肉体作りが必要となるスポーツと言えますね。実際、多くの方がパルクールに挑戦していて、世界各地で人気のスポーツとなっています。

パルクールには怪我が付き物です。普通のスポーツに比べて、街全体を使ったり、建物全体を使ったりするスポーツとなるので、当然身体にかかる負担も大きくなるのが特徴です。鍛える時には、パルクールを上達させるというより、まずは怪我をしない身体作りが必要となります。矢口敏和もその点を重点的に考えて鍛えていて、それが怪我をしないパルクールの楽しみに繋がっています。もちろん怪我はどうしても付き物なので、その点はよく考えて鍛えていくことが必要となりますね。やってみたいという方は、まずは怪我をしない身体作りを進めて行きましょう。

パルクールの面白いところは、自分が今までできなかったことができるようになっていくことです。状況に応じて必要となってくる技があり、そのために肉体を鍛えて、最終的にはそのコースを軽々と越えていけるようになります。矢口敏和もその点を重点的に練習によって上達させ、さらにテクニックを磨いています。街を縦横無尽に移動できるというのは、かなり楽しいことだと言えますね。これからも彼は成長していくと考えられますし、何よりテクニックが上達することで広がる可能性には、見ている方も惹かれることでしょう。パルクールは道具が必要ないですし、基本的に「始めよう」と思った時にすぐできるものとなっています。気になる人は始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る